マーチンゲール法は、一般的に倍掛け法と呼ばれている投資法です。

オッズを確認して、2倍ずつ倍でお金を賭けていくことで儲けを出すことを目的として行っていきます。オンラインカジノなどでも有効活用できる方法であるため、カジノ攻略法としては非常にメジャーな手法です。

具体的には、オッズ2倍以上になっているゲームに集中して投資を行っていくのが基本となっています。

マーチンゲールの場合は、オッズが2倍未満になっていると元を取ることができなくなりますので、倍率を確認して本当にそれ以上になっているのかを確認する必要があります。マーチンゲール法はあくまでも倍掛け法ですので、負けるごとに倍で金額を増やしていかなくてはいけないという側面が存在します。

例えば、1回目の投資で100円で負けた場合は、次のゲームで200円を投資しなくてはいけません。そこで負けると次に400円を投資するという具合に金額を倍で増やしていきます。

メリットは、2倍以上のオッズに集中して投資を行うことで、必ず元を取ることができる、あるいはプラスに転じることができるという魅力が存在することです。倍掛けを行うと、負けた分だけの金額を補うことができるようになりますので、お金をほぼ必ず取り返すことができるメリットが生まれます。

一方で、デメリットとしては金額があまりにも大きくなってしまう可能性が存在することです。マーチンゲール法の場合は、倍掛けで投資金額を増やしますので、負け続けてしまうとあっという間に資金をオーバーしてしまう位の投資金額に膨れ上がってしまいます。

そのため、実際に利用するときにはゲームのどの段階で離脱をするのかということを必ず事前に考えなくてはいけません。何回か負けるとゲームを降りるというルールを作っておくことによって、金額面での破産を考慮した効率的なゲームを繰り返すことができるようになります。

また、もう一つ注意をしておかなくてはいけない点として利益が小さくなる可能性があることです。

倍掛けに必要な2倍というオッズは、あくまでも元を取ることができるオッズであるため、それ以上に利益を最大限にするためにはそれよりも大きなオッズであることが好ましいです。

ただ、必要以上に倍率が大きなゲームをしてしまうリスクが大きくなってしまうため、マーチンゲール法のリスクも向上します。

つまり、このバランスを考えながらこの投資法を利用することがとても大切になります。

必ず少額からスタートするようにしましょう。

おすすめの記事