ハーフストップ法

ギャンブルの中でも娯楽としての面も強いカジノは知名度も高く、それゆえに世界各国で導入されています。それはオンラインでも同様で、オンラインカジノは数も増加傾向にあり、高い人気を誇っています。

そんなオンラインカジノですが、より効率的に楽しむためには普通にそのまま何もせずにゲームに興じるのではなく、それなりのテクニックや技術をあらかじめ持っていると、より深く楽しむことができます。

そういったテクニックの中でも注目度が高いのがカジノ攻略法で、ハーフストップ法もそんなカジノ攻略法の一種であり、カジノに限らずどのようなギャンブルでも必ず重要ポイントとなるストップする方法を示す攻略法となっています。

ギャンブルは儲けが出ればより多くの儲けを出したいと思い、継続して実行します。しかし負けてしまうとそれを取り返したいという心理が働き、さらにそのまま継続させ、それによってどんどん負け続けて止めるポイントを見失い、その結果として大きな損失を出してしまうリスクもあります。

ハーフストップ法は、そんなギャンブルの基本であるシステムのリスクに陥らないよう、

途中でストップするための攻略法です。なので負けてマイナスになりたくない人や、リスクを最小限に抑えたい人にとっては最適な攻略法でもあります。そのメカニズムとしては、最大収益の半分でゲームをストップするシステムで、それゆえに最大収益の半分は手元に残ることになります。

その実行方法も基本的に簡単であり、まずはカジノの場合はどのゲームを開始するのかを決めることから始まりますが、この攻略法ではどのようなゲームでも問題なく、スロットでもポーカーでもルーレットでも有効であり、ゲーム内容もそうですが、賭ける金額や預け先などにもとくに制限はありません。

そしてゲームをプレイして勝ちが続く場合はそのまま続け、負けてきてそれが続くようになり、最大の利益よりも半分減少したところで、ゲームをストップさせます。

ちなみに負け続けても途中で再び勝って最大利益がプラスに転じたなら、その際はその新たな最大利益の半分に額を設定し、その設定値になったところで終了させます。

基本のルールとしては、たったのこれだけです。よってハーフストップ法では程よいところでゲームを終了させ、半分は手元に収益を残すことができます。ただし最初から増やせない場合は意味がなくなりますし、やはり自制心に慣れる必要もあるので、そういった部分は注意が必要です。

おすすめの記事