ウィン ラスベガス カジノ(ラスベガス)

日本国内では賭博行為は法律で禁じられています。

もしカジノを楽しみたいというのであれば、ネットを通じて海外で展開されているオンラインカジノに参加するか、あるいは海外に出かけていって現地で行うか、いずれかの方法を選ばなければなりません。海外の先進国ではカジノが合法化されていて、安全にプレイできるようになっています。

観光地での集客のためにリゾートカジノが多く設けられているところを見ても、観光収入の増加に大きく貢献していることは火を見るよりも明らかです。

日本でも現在のところはカジノ施設の建設に向けての動きが顕著になってきているものの、現在のところは国内では合法的にプレイできないのが現実なのです。

海外の人気のリゾートカジノの一つに、ウィン ラスベガス カジノがあります。

名前のとおりラスベガスにあって、24時間にわたって営業を行っているのです。

テーブルゲームの種類は14を超え、テーブルの数は165以上にも及んでいます。そしてスロットマシンの数は2,000台以上と、実に壮観としか言いようがありません。

ウィン ラスベガス カジノの特徴としては、ディーラーや従業員へチップを手渡すというカルチャーがあるということです。

なおドレスコードの制約はありませんので、その点は気にすることなく気楽に行動ができます。プールが近いということもあって、中には水着のままでプレイする人もいますが、何の問題ありません。すこぶるオープンな空気が漂っている向きがあります。

さらにスポーツブックも用意されているのです。ただし年齢制限は厳しく管理されております。

21歳以上でなければ入場は絶対に認められません。

同伴者に21歳未満の人がいたら、たとえ子供であっても入場を断られます。

かといって、部屋に子供だけを置いていくのも、法律で禁止されておりますので、注意が必要です。カジノに入場するときにパスポートのチェックは行われていませんが、突然、抜き打ち的に確認を要請されることがありますので、パスポートの持参を忘れてはいけません。

ウィンラスベガスカジノで使えるクレジットカードはVISAやMASTERであれば、問題なく使用できます。

しかしチップを購入するには、手数料を別途に負担しなければなりません。

JCBカードを使う場合は、事前にJCBカードに連絡して使用が可能かどうかの確認をしておくことが必要になります。

時にはJCBカードが使えない場合もあるからです。

おすすめの記事