Quickspinは、オンラインカジノを開発しているゲームプロバイダです。

ゲームプロバイダとはいわばゲームメーカーのことで、プロバイダによってゲームの特徴が変わります。中でもQuickspinは、スロットゲームとしてのレベルが非常に高く一定の評価を得ています。

2011年に作られた比較的新しい会社であるにも関わらず、大手メーカーにも引けをとりません。

創業者3人の内2人は、ネットエント社という大手スロットメーカーに5年間働いていたということです。

また、もう1人の創業者はユニベットのエグゼクティブマネジャーチームに所属していた経歴があるということです。

もともとたった3人から始まった会社でしたが、今ではオンラインカジノをしている人なら、会社の名前はピンとこなくてもゲーム名を言えばほとんどの人が知っているほどの知名度となりました。

Quickspinのオンラインカジノの特徴として、グラフィックの質の良さが上げられます。

ゲームキャラクターの作り込みや絵柄の可愛さは、ゲームを楽しむのに欠かせない1つのポイントとなります。この作り込みが非常に丁寧で、業界からも評価が高いです。

また、Quickspinのオンラインカジノは還元率が高いことでも知られています。ゲームによっては、還元率が97%を超えるものもあります。こうした還元率の高さも、人気のプロバイダとなった理由の1つといえます。

ビデオスロットとしてのレベルの高さもポイントです。ストーリーはおとぎ話をモチーフにしていることが多い傾向にあります。ストーリーに馴染みがあるのでゲームの世界に入りやすく、誰でも楽しむことができます。

Quickspinはさまざまな人気のゲームを世の中に出していますが、1番人気のゲームはなんと言ってもビッグバッドウルフです。

ビッグバッドウルフは、日本の三匹の子豚をモチーフとしたゲームです。万人受けする可愛らしいキャラクターデザインで、幅広い世代から愛されています。

還元率も非常に高く、97.29%となっています。オンラインカジノの通常の還元率が95%から96%と言われている中、この数字は大手メーカーにも負けない数字です。

このようなゲームのレベルの高さは、業界からも評価を得ています。

優秀なプロバイダに贈られる「今年のソフトウェア・スター賞」を含む多くの賞を受賞しており、実力は折り紙付きです。

通常、このような賞は昔からある大手メーカーが受賞することが多いです。

そんな中、まだ創業してから10年も経っていないにも関わらず評価を得ているということは、それほどまでにクオリティが高いということに他なりません。

おすすめの記事