テキサスホールデムの遊び方

テキサスホールデムはオンラインカジノの中の一種であり、ポーカーに分類されているカジノゲームです。

初心者が挑戦してみようと思っている場合は、遊び方についていくつか把握しておきたいことがあるのでしっかりと知識を習得した上で実践に役立てるようにしましょう。

テキサスホールデムはフロップポーカーの一つに数えられ、コミュニティカードという参加した人がハンドとして用いることのできる共通したカードが存在するということが大きな特徴です。手順は、まずテーブルを囲むようにしてプレイヤーが着席します。

カジノの場合は空いていれば好きなところに座ることができますが、身内で楽しんだりトーナメント形式を採用している場合はトランプや番号札などで席順を決めることが一般的です。

隣が誰になるかということが非常に重要な要素となってくるため、公平に行いたいと思っている場合はくじびきなどで席を決定すると良いです。

座る場所が決定したら、ディーラーボタンを設置する位置を決めていきます。ディーラーボタンは円盤状の形をしているもので、一般的には丸くてチップよりも大きなサイズになっています。

最後に選択することができる場所のことを指しており、ゲームを有利に進めていくことができるとされているためこの場所につくことが好ましいです。カードをプレイヤーに配るディーラーとは意味合いが異なってきます。

最初に決定するボタンの場所は、ディーラーがプレイヤーに対してカードを1枚ずつ渡して一番強いランクのカードを持っている人です。ボタンとなるプレイヤーが決定した後に、いよいよカードが配られていきます。

テキサスホールデムの場合、どの行動でも必ず時計回りが導入されています。配り方は最後にボタンが回ってくるように、時計回りでボタンの左側に位置している人から配られていく仕組みです。

1つのゲームが終了すると、時計回りにボタンが一つ移動されていきます。このようなことから、ゲームが終了するたびに位置が変わってくるので参加した人は全員このポジションにつくことが可能です。誰にでも平等に有利となるポジションにつくことができるということが特徴の一つです。

ゲームを行うときは理解しておきたいルールが他にもあります。ミニマムベットとは、賭けなければならない最低ラインを意味する言葉です。

ミニマムレイズは、上乗する場合の最低金額のことを指しています。この他にも覚えておきたい言葉があるので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

おすすめの記事