ブラックジャックの遊び方

初心者も上級者も遊べる定番のカジノゲームであるブラックジャックは、オンラインカジノでも人気があります。遊ぶときに知っておくべきルールも、そう難しいものではありません。

大事なのは配られた手札の合計が「21」を超えない範囲で、最も近い数字にすることです。したがって「21」が最も強い組み合わせとなり、「22」になったらその時点で「バースト」となり敗北です。

同数であればプッシュと言って引き分けになります。

数字の数え方は、「A」は「1」か「11」の好きな方を選ぶことが出来ます。

「2」から「9」までの数字はそのまま、そしてJからKまでの絵札は全て「10」として扱われます。

例えば「A」と絵札の組み合わせとなれば、「11」と「10」の組み合わせとすることができるので最強の「21」です。

これを「ブラックジャック」と呼びます。

カードの配り方は、プレイヤーが賭けをしてからディーラーが時計回りにカードを配っていきます。

手札を見て、次のカードを引くか選択します。プレイヤーは「21」あるいは超えるまで、いくらでもカードを引くことが出来ます。

一方でディーラーの方は、「17」を超えるまでカードを引き続けるということが決まっています。

それから、プレイヤーに配られるカードは、全て表(アップ)なので今の合計がすぐにわかるようになっています。

しかしディーラーは1枚めが表で2枚めは裏(ホールカード)となるので合計がわかりません。

もし、ディーラーの1枚めがAであったとき、伏せられているカードが絵札であればすぐにブラックジャックになります。それではプレイヤーはなすすべがないので、賭けた金額の半額を更に追加して絵札かどうかを賭けることができます。

絵札が来ていたときには配当がもらえます。これをインシュランスといいます。

プレイヤーが配られた手札で勝負するからこれ以上は引かないというときにはスタンド、勝ち目がないと勝負をする前に降りるときにはサレンダーです。

サレンダーをするときには、すでに賭けた賭け金の半額が戻ってきます。

ただし、サレンダーはオンラインカジノによってディーラーが伏せられていたカードを確認する前にできる場合と、確認してブラックジャックになっていないとわかったときでないと出来ない場合があります。

確認前に降りることができるほうが、プレイヤーにとっては敗北する可能性が少なくて有利です。

手札を見て、勝てると確認したときにはダブルダウンと言って賭け額を倍にすることができます。

ただし、引けるカードが1枚だけになるので、予想よりも小さい数字が来てもそこで終了です。

おすすめの記事