オンラインカジノの税金の計算方法

公営のギャンブルである競輪・競馬・競艇などで勝った場合、本当は税金が発生します。

パチンコやスロットなども同様です。しかし、税金を納める人はほとんどいないことでしょう。

これはお金の流れがつかみにくいために、税務署から見逃されているに過ぎません。

では、最近話題のオンラインカジノはどうでしょうか。こちらは海外にクレジットカードや銀行などを通してやり取りしたお金の記録が残るために、税務署に目をつけられる可能性があります。特に大金を儲けたときは要注意です。

このことを考えると、後でトラブルにならないためにも、きちんと収めるべきものは収めたほうが安心です。

ギャンブルなどで得たお金は、一時所得として区分されます。

宝くじなども同様ですが、宝くじの場合は税金が先に引かれたものが銀行に振り込まれているので、自分で申告する必要がありません。このオンラインカジノで得た一時所得で難しいのは、税金の計算方法です。

知識のない人は、税金はその年の1月~12月までの合計の収支から計算すれば良いのだろうと考えるかもしれません。たとえば、もし年間200万円を儲けて100万円の負けた場合、200万円から100万円を差し引いた100万円分についてだけ税金を支払えば良いと考えるわけです。

しかし、これは正しくはありません。一時所得の場合は税金の計算方法が異なるのです。具体的に言うと、オンラインカジノで利益が上がった時のみ計算をし、損失を出したとしてもそれは計上されないのです。

つまり、利益が上がるたびに税金は発生しますが、負けた分は差し引かれることはないということです。

先ほどの場合では、儲けた200万円に対して税金が発生します。税務署に有利なルールという感じを受けるかもしれませんが、法律上そう決まっているので諦めるしかありません。

ただ儲けたお金がすべて税金の対象となるわけではありません。特別控除(最大50万円)があるからです。

先ほどの例に当てはめるなら、200万円から50万円を差し引いた150万円が一時所得の対象となり税金がかかります。この分が給与所得と合計されて課税されることになります。

なお、一時所得に対する税金の支払いは、春の確定申告で行います。年末年始頃にオンラインカジノ側から支払調書を受け取ることができるので、これを持って確定申告をします。

その他の必要書類として、会社から受け取る源泉徴収票や必要な場合は経費の領収書を持っていきます。

おすすめの記事