オンラインカジノのライセンス制度

オンラインカジノの仕組みとして「ライセンス制度」という物がありますが、どのような特徴があるのか確認しておく事が大事です。

オンラインカジノを運営するにあたって、それぞれの国などが発行するライセンスの許可証の取得が必要となります。

現在世界中にはいくつものオンラインカジノが存在していますが、自分の利用するカジノサイトを選ぶ際に、このライセンスが保有されているかどうかは重要なポイントです。
サイト上で運営情報などが表示されていますので、そのような情報を確認した上で登録や入金をしましょう。

一方で運営情報が記載されていないようなカジノサイトは違法である可能性もあり、決して安全とは言い難いと言えますので、利用する際には充分に注意してから行ないましょう。

カジノライセンスは世界の様々な国や機関から発行されており、全部で20ヶ所以上あるとされています。どのライセンスもいくつもの審査基準が存在し、しっかりと条件に適した運営会社のみが許可証を取得できるシステムです。

その審査内容の例としていくつか挙げますと、まず「運営会社の資金力や経営力」が問われます。カジノという性質上金銭のやり取りが多く発生しますので、それらを充分に動かせる資金や、健全な経営を行える能力などは大事な部分です。

そして「プレイの公正さの確保」が挙げられます。特定のプレイヤーに有利に働くようなシステムを無くす事や、ゲームの確率論の正当性の遵守が求められます。

ライセンス制度に基づいた、特定のソフトウェアを用いるなどといった公正さが審査されます。

この他「犯罪関与やギャンブル依存症を無くする」といった点も挙げられ、マネーロンダリングの疑いが考えられる金銭の動きや、未成年者の利用の禁止なども審査基準としては重要視されるポイントです。

このライセンス制度は数カ月をかけて審査を行ない、審査基準にしっかりと適した会社のみが免許を取得する事ができます。オンラインカジノ運営会社はライセンス料を支払う他、運営利益の一部などを税金として納付する場合もあります。

ライセンスを発行している国や機関はそれぞれに、審査基準などが異なるという点も確認する事実でしょう。審査基準の厳しいライセンス元であれば、運営会社の体制の信頼性もより高い物と考えられます。

審査が厳しめで取得がしにくい発行元としては、イギリスやジブラルタルなどが挙げられますので、オンラインカジノを選ぶ際の1つの目安としても良いのではないでしょうか。

おすすめの記事