現在のところ、オンラインカジノはグレーゾーンとされています。

なぜならば、日本では諸外国のように法的にはカジノは合法ではなく、国内のカジノ施設は全て違法となっており、時々警察による違法カジノ施設の摘発がニュースになっています。しかしながら、パソコンやスマートフォンから気軽にアクセスでき、誰でも気軽に利用できてしまうオンラインカジノに関しては法整備が後れていることを指摘して置かなければなりません。

オンラインで誰でも気軽にアクセスできてしまうカジノを規制する法案は、現在のところ日本では存在していないからです。そのため、現在のところではグレーゾーンであると言わざるを得ません。

しかしながら、現実にはすでにオンラインカジノのユーザーが摘発される事件がいくつか起きています。多くのプレイヤーたちが略式起訴を受けて、オンラインのカジノの違法性を認めています。

しかしながら、そのなかでも摘発を受けたプレイヤーの1人が、オンラインカジノの合法性を争って裁判を行ったことで裁判所の判断が注目されることとなりました。その結果、摘発を受けたプレイヤーは不起訴(無罪)処分となっています。

このことからわかるように、あくまでオンラインのカジノは現在のところはグレーゾーンであるため、検察側としても摘発しにくい状況で二の足を踏んでいるとえるのです。

さて、オンラインカジノの将来的な行方について考察することにしましょう。

将来的には合法化されるのではないかという根拠となっているのが、2016年に法案が可決されたIR推進法です。

この法律は、将来的にカジノ施設を合法化することを目的とした法律であり、国内におけるカジノ施設を将来的に作ることを予定した法案であることが分かります。

国会や政府についてもカジノ施設の国内に設置することについては前向きに検討しているため、将来的には合法化を目指す見通しが立ちつつあるといえる環境にあります。

そのため、オンラインのカジノも現在ではグレーゾーンではあるものの、このIR推進法の成立により、法制化を目指すことが推定されているのです。

このように、現在ではなし崩し的に導入されているオンラインで楽しめるカジノに関しても、将来的には法制度化が進むのではないかと予想されています。

法制度が行われるよりもオンラインのカジノが普及している現在のグレーな状況を改善し、法制度化に向かうことを期待したいところです。

おすすめの記事