ブックメーカーの遊び方

イギリスを中心に世界的に盛んなブックメーカーは、今ではオンラインカジノでも提供されています。

政府が公認していること、そして様々な競技が対象となるなどから、とても人気があるといえます。

肝心の遊び方としては、オンラインカジノに登録して入出金方法の準備も行い、何時でも遊べるようにしておくことが、ブックメーカーのプレイにおける基本中の基本です。

次に、3つのベット方法を覚える必要がありますが、ワンバイツーは対戦チームのホームとアウェー、そのどちらかに賭けるか決めるというものです。

引き分けもこのワンバイツーで賭けられるので、真っ先に覚えるべき最も初歩的なベット方法です。

実際にベットする時には、それぞれのチームにいわゆるオッズが掲載されるので、当たった時に貰えるリターンの計算に役立ちます。

ハンディキャップでは、いずれかのチームにハンディを与えている、もしくは貰っている状態でベットします。

引き分けや負けの他にも半分負けもあるのが、このハンディキャップの面白いところです。

一方のオーバーアンダーは、得点数が基準となるベット方法で、特定の点数よりも上か下を予想して賭けます。

こちらも面白い賭け方ですから、オンラインカジノで遊ぶのであれば、挑戦してみる価値があります。

ブックメーカーは一般的に、ベットした時点でのオッズが適用されるので、仮に下がってしまっても安心です。

元々は欧州のスポーツが賭けの対象でしたが、現在は規模が拡大していて、日本のプロ野球やサッカーも対象となっています。

改めてブックメーカーの遊び方を確認すると、オンラインカジノで登録を行いアカウントを開設して、入出金方法を決め手入金したら、競技の種類を選んでプレイです。

ブックメーカーでは、ベットできる膨大な試合が用意されているので、自信のある競技やチームで結果を予想してみるのが良いでしょう。

試合が終わり結果が出て配当が確定したら、遊んでいるオンラインカジノから配当が貰えます。

勿論、他のゲームをプレイする資金にもできるので、この点が魅力の1つになっていると思われます。

何れにせよ、正規のライセンスを有していたり、第三者の監査を受けているサービスなら、安心して遊び始めることが可能です。

日本語に対応するサービスも珍しくないので、登録方法やルールが全く分からない人でも、手厚いサポートが受けられるので大丈夫です。

遊ぶ場所をこれから選ぶのであれば、初回登録時や入金時にボーナスが貰えることを確認して、比較検討や絞り込みを行うのがポイントとなります。

おすすめの記事